タグ:2015年募集馬 ( 11 ) タグの人気記事

兄は完敗デビュー

a0332381_23313992.jpg
2015.12.6 2歳新馬戦(ソーアメージング・8着)

a0332381_23313991.jpg
2015.12.6 2歳新馬戦(勝ち馬・サーブルオール)


日曜・中山の新馬戦。
今年出資したソーマジック14の兄、ソーアメージングがデビューしていた。

この馬自身、去年の出資の際に最後まで迷った馬で、
育成中や入厩後も景気のいいコメントが並んでいたので、
どのぐらい走るのかと注目していたのだが……、
なとも微妙な8着(3番人気)。

そもそも、何か月も前からルメールを確保して東京最終週のデビューを決めておきながら、
ただ一頭しかいない除外の憂き目に。
マネジメントの不手際なのか、単に運が悪いだけなのかはわからないが、
G1裏の中山になって三浦Jしか確保できず、しかも惨敗では……
自分が出資者ならしばらく立ち直れないな。

HPを見ると、早くもダート馬認定されているようで、先々が心配だが、
自分の見る目?を証明する意味でも、なんとか巻き返してほしい。

[PR]
by kyoei-march | 2015-12-07 00:09 | 一口馬主 | Comments(0)

出資馬確定?(キャロット)

a0332381_00385715.jpg
2014.3 中山競馬場 ※本文とは関係ありません

キャロットの一次募集。結果発表は金曜日だが、きょう募集状況が発表された。

最優先で応募したのはアドマイヤセラヴィの14。
HPによると、「最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選」だったので、
前年最優先落選(通称バツ1)の私は当選したはず。

最後まで迷ったのは、ジャッキーテーストの14(牝・父ディープ)。
社台が牡に出資したので、カテゴリーを分けたかったし、
せっかくの?バツ1持ちなので、ディープ産に出資したいと思って9割方傾いていた。
でも直前になって、繁殖実績の割に10万という金額が割高に思えてあきらめてしまった。

アドマイヤセラヴィは兄弟がまずまず走っているし、期待のルーラー産駒で国枝厩舎。
社台のソーマジック14とともにクラシックをにぎわすような活躍を妄想(いまのうちだけ)したい。


ちなみに、応募結果を見ると、
ラドラーダがバツ2同士の抽選。
トゥザヴィクトリー、リリサイド、アビラの3頭がバツ1同士の抽選。
つまり最低限バツ持ちでないとダメだった馬は4頭いたことになる。

このほか、×なし最優先内での抽選だった馬が、
ディアデラノビア、ブルーメンブラット、ジンジャーパンチ、アドマイヤセラヴィ、スターペスミツコ、
トキオリアリティー、レーヴディマン、ココシュニック、ベネディーレ、メジロシャレードの10頭。
確率はわからないが、この10頭は最優先で書けば一応チャンスはあるわけだ。

来年はバツなしの年になるが、想像よりは選択肢はありそう?
(……しかし好むと好まざるとにかかわらず、バツ制度に乗せられてしまっているなあ)

[PR]
by kyoei-march | 2015-09-17 01:14 | 一口馬主 | Comments(0)

厩舎は大切

a0332381_21521417.jpg
前回記事で厩舎が大事という話をしたが、改めてデータで確認してみる。

2011年1月~先週までで、平地重賞582レース中、勝ったことのある調教師は127人(引退・外国・地方含む)。
10勝以上挙げた調教師は17人しかいない。
※池江(37)、角居(26)、須貝(24)、石坂(22)、堀(21)、安田(21)、松田博(16)、橋口(16)、
藤原(14)、西園(14)、友道(12)、音無(11)、平田(10)、矢作(10)、鮫島(10)、国枝(10)、藤沢和(10)

もちろん若手でこれからという調教師もいるだろうが(村山、尾関師が8年目で7勝、田中剛が6年目で5勝)、
だいたい超一流といえるのこのあたりまでだろう。
結局この17人で重賞のほぼ半分を持っていってるわけだ。

G1だとサンプルが少なくなって1頭の馬のウエートが大きくなるが、傾向は変わらない。
やはりなんやかんやいっても、いい馬はいい厩舎に集中しているようだ。


[PR]
by kyoei-march | 2015-09-08 01:27 | 一口馬主 | Comments(0)

新規募集と屈腱炎と

a0332381_23593730.jpg
パソコンが使えない時期がしばらくあって、更新が滞っていたが、この間なにもなかったわけではなく……
アダムスブリッジが屈腱炎になってしまった。

タイミングの悪い?ことに、ちょうどキャロットは新規募集の時期。
あっという間に出資意欲も減退して、ようやくさっきカタログの封をきった。

でも、今年はいわゆる×1持ち(昨年最優先落選)だけに、出資をやめる勇気もない。
この辺、商売としては本当にうまくできた制度だ(フェアだとは思わないけど)。

しかしゆっくり検討している時間もないので、従来通りの方針でざっくり絞り込む。

まず、芦毛、早生まれ(1月)と、須貝厩舎、6000万以上の高額馬を除外。
そのうえで、関東なら木村、藤沢和、尾関、国枝、堀、
関西なら藤原英、石坂、大久保、高野、西園、宮本、安田、池江あたりの上位厩舎に。

血統的には
1)兄弟に活躍馬の多い母。
2)同族に活躍馬が多い名牝系。
3)特定種牡馬(ほとんどディープ)につけるため買ってきた外国牝馬。

3)は空振りも多いが、当たるととても大きい。

これでもう10頭以下に絞れるし、当たりも中に数頭はいるはずだ。

値段は置いとけば、結局は血統と厩舎と馬体。
馬体をみる自信はないので、他力本願だけど今年も厩舎重視で行ってみたい。


[PR]
by kyoei-march | 2015-09-07 00:28 | 一口馬主 | Comments(0)

出資確定?

a0332381_21371023.jpg
2015.6.28


社台・サンデーの応募結果発表は明日だが、どうやら出資馬が確定したっぽい。
1位で応募したソーマジックの14は、41通以上応募があった馬の中にないので、想定通り通ったはずだ。

初めてのステイゴールド産駒で、金額も金額だけに正直不安も大きいが、そこは名門池江厩舎。
来年、そして再来年の大舞台を夢見ていきたい。





More……狙いはつけやすかったが
[PR]
by kyoei-march | 2015-07-02 22:22 | 一口馬主 | Comments(0)

過去の申し込みを振り返る

a0332381_22203817.jpg
リッスンの14 今年一番お高い馬。こういう馬がG1を勝つんでしょうか。


社台・サンデーRの出資が完了した。
迷ったけど、結局
1位ソーマジック
2位ドバイマジェスティ(死に票)
3位ナイトマジック(死に票)

2、3位はあけておくのも何なんで、記念に。
ちなみにソーマジックは昨年(ネオユニ産駒)も最後まで迷った1頭。
毎年よさげにみえるというのは、繁殖の形が好みなのかも(母父シンクリに騙されてる?)


さて、この時期ぐらいしか振り返らないので、過去の応募馬を振り返ってみた。

申し込み時に名前を書いた馬の中で、
G1勝ちは3頭(ファイングレイン、ローズキングダム、ジェンティルドンナ)。
重賞勝ちはさらに4頭(アーバニティ、ヴァンセンヌ、ロサギガンティア、ベルラップ)


ツアーに行き始めたのが05年からで、そのころから圧倒的に成績がアップしているので、ツアーの意味はやはり大きい。
ただし、結果を出しているのは、ヴァンセンヌ以外、すべて2、3位指名。
……つまりは、買えもしない牧場の評判馬を記念に埋めているだけだった(爆


以下備忘録。
募集年、生年は前年。★が出資馬。勝利数は中央(地方交流と障害戦は含む)。
00年 1位未勝利 2位3勝 3位未勝利★
01年 1位1勝★ 2位4勝 3位未勝利
02年 1位2勝 2位未出走★ 3位未勝利
03年 1位未勝利★ 2位2勝 3位1勝
04年 1位未勝利★ 2位5勝(ファイングレイン) 3位4勝
05年 1位3勝 2位5勝(アーバニティ) 3位3勝★
06年 1位2勝★ 2位3位空欄
07年 1位未勝利★ 2位4勝(リクエストソング) 3位4勝
08年 1位未出走 2位4勝 3位6勝(ローズキングダム) 出資馬なし
09年 1位1勝 2位5勝(フラアンジェリコ) 3位2勝 (1.5次で★マスクトヒーロー5勝)
10年 1位6勝(ヴァンセンヌ) 2位未勝利 3位10勝(ジェンティルドンナ)
11年 1位1歳時死亡 2位1勝★ 3位未勝利
12年 1位1勝★ 2位未勝利 3位3勝(ロサギガンティア)
13年 1位1歳時死亡★ 2位3勝(ベルラップ) 3位1勝



[PR]
by kyoei-march | 2015-06-27 22:25 | 一口馬主 | Comments(0)

社台ツアー2015 その3(狙い馬)

a0332381_00102268.jpg

社台のカタログを眺めていて、衝撃の事実を知った。

この一年(昨年5月末~)で、社台RHの重賞・オープン勝ちが5つしかないこと。
サンデーRの同じ欄は「重賞」だけで、倍の10個ある。

こりゃサンデーR(ノーザン産)ばかりに人気が集中するわけだ。

ちなみに、5つの勝ち鞍のうち、2つがヴァンセンヌ(東京新聞杯)とマスクトヒーロー(師走S)。
アップ画像では切れているが、下の方にマスクの写真も挙げられている。
…喜んでいいのか?これ。


More……さて1位どうしよう(大したことはないも書いてありません)
[PR]
by kyoei-march | 2015-06-23 00:47 | 一口馬主 | Comments(0)

社台ツアー2015 その2

a0332381_22582439.jpg
スタセリタ

人気ではやはり、圧倒的にサンデー>社台のようだ。
ただしこの馬だけは別格。会報やカタログの巻頭言で「世界一のフランケル産駒」と取り上げていた馬だ。
a0332381_22583652.jpg
人だかり(写真撮る人だらけ)で唯一近づけなかったので、詳しい話は何も聞いていないが、
牧場スタッフ含めて唸っていたので、いい馬なんだろう……。
ただし、誰もが言っていたのは、「フランケルは日本の馬場合うのか?」

そんなこと気にしない人だけが持てる超良血なんだろう。

ちなみにノーザンにも一頭フランケル産駒が。

a0332381_22584149.jpg
ミスエーニョ

こちらも「フランケル、サンプル少なすぎるからねえ」とのこと。
しかし先入観があるとはいえ、筋肉がゴムまりのようで、なんか別次元にすごい(ように見えた)。



More……その他買えもしない高嶺の花(ほとんど写真のみ)
[PR]
by kyoei-march | 2015-06-20 23:34 | 一口馬主 | Comments(0)

社台ツアー2015 その1

a0332381_00092492.jpg

今年も行ってきました。社台ツアー(1日ツアー)。

G1レーシングも含め一日で見て回るだけに、全馬は見てられない。
あらかじめチェックして目星をつけておくわけだが……
行くたびに、なんか馬見がわからなくなってきた。

以前はビビッと一目ぼれする馬が2~3頭はいるはずなんだが、
ここ数年はどうもピンとこない。
今年は特に天気がよかったこともあって、全部よく見えてしまった。
ん~。どうしようか。



More……気になっていたルーラーシップ産駒(重要情報はありません)
[PR]
by kyoei-march | 2015-06-20 00:55 | 一口馬主 | Comments(0)

社台出資馬選び2015(今年の戦略)

a0332381_17094797.jpg
見に行きたかったなあ~エイシンヒカリ(vsサトノアラジン)
G1続き、愛馬の出走ラッシュでやるべきことを放置していたので、流石に今週は出陣を断念(T_T)
出資馬選びもそろそろ本腰を入れないと(ダメなのか?)


今年のテーマは、ヴァンセンヌが稼いでくれたからといって「調子に乗らないこと」。
(……マスクも引退してしまったし、シーリーも惜敗続きだったし)

一応ざっくりとした作戦としては、
1)厩舎が1番大事
 期待馬は期待の厩舎に行くだろうという考え。素人の目利きよりは絶対に確実。必然的に関西中心になってしまうが…

2)社台・サンデーは考えすぎない。
 これだけ成績に差があるとノーザン産に傾くが、実績もないし、どうせドゥラメンテ級の馬は買えない(お金)。
 過去の相性は社台>サンデーだし。

3)中堅どころ種牡馬の牡をベースに
 何やかやで牡が欲しい。牝馬はなにを基準に選んでいいのかそもそもわからん。
 実績ボーダーは乱暴に言って、超良血牡馬>超良血牝馬>中堅牡馬>高額牡馬>関東牝馬。
 抽選勝負に行ってもいいが、その場合は抑えの2位、3位が必要になるので、ディープ・キンカメ産以外の牡を丁寧にチェック。

素人が無駄だと思いつつ、あと10日あまりカタログとにらめっこします。



More……以下長々と自己分析(大事なことはなにも書いてありません)
[PR]
by kyoei-march | 2015-06-14 18:16 | 一口馬主 | Comments(0)


日々の備忘録。ほとんど競馬のこと。


by ねーはい

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31