カテゴリ:一口馬主( 110 )

ソーグリ ハナ差2着

a0332381_23374077.jpg
・ソーグリッタリング 29日 京都9R あやめ賞(3歳500万下 芝1800) 2着(3番人気)

最内をうまく抜けたと思いきや、最後の最後に差され2着。こういうときの福永(グラットシエル)はうまいんだよな。

内しか伸びない馬場だったので、馬場が向いたのは確かだが、スパッと切れる脚を使えたのは収穫。
逃げ馬が垂れて狭くなったので、あのタイミングで抜け出さざるを得なかった分のハナ差だろう。

公式HPによると1600~1800の3歳限定戦を使いたいとのこと。
特別は20日の早苗賞(新潟)かダービーデーの白藤賞(京都)しか鞍がないので、平場の1600になるのかな?

[PR]
by kyoei-march | 2017-05-02 23:54 | 一口馬主 | Comments(0)

アジュールローズ復帰

a0332381_02192982.jpg
2017.4.15 中山競馬場(写真と本文は関係ありません)

・アジュールローズ  16日(日) 福島11R 福島民報杯(4歳上オープン 芝2000) 8着(4番人気)

やっと帰ってきた。
昨年のダービー以来なので、10か月半ぶりか。
+18キロと流石に太く、レースも内内を回ってジリジリ伸びただけなので、内容云々は次だろう。

レース後は競馬場から直接天栄に放牧となった。
降級を待って1000万下から出直しということだろう。
6月の東京で走ってくれるといいな。

[PR]
by kyoei-march | 2017-04-18 02:27 | 一口馬主 | Comments(0)

キャンセル募集

a0332381_03495608.jpg
a0332381_03495834.jpg
2017.3.20 中山競馬場 ※本文とは関係ありません

先日だが、キャロットでキャンセル募集が発表になった。
最優先で外れたマルティンスタークの15(ショーンガウアー)もキャンセル対象馬の中にあった。

その時、キャンセル番号が当たっていて、それが「6」。
回って来ないかもな~と思っていたら、あっさりと電話がかかってきた。
中間、球節を痛めたようで順調とは言えないが、せっかくなので申し込むことにした。

ちなみに、会員HPを見るとキャンセル待ち番号は「6」までだったようなので、最後の滑り込みだった。
初日に電話がかかってきたので、おそらく6口キャンセルがでたんだろう。

そういえばペルレンケッテもキャンセルでゲットした馬だし(いまとは制度が違ったが)、
これも縁だろう。走ってくれそうな気がする。

[PR]
by kyoei-march | 2017-03-29 05:07 | 一口馬主 | Comments(0)

馬名決定 エールグリーツ&ペルネッティア

a0332381_18151623.jpg

愛馬の出走もなく、競馬場にも足を運べていないので、特段更新するネタもないが……
あけ2歳馬の馬名がきまったようだ。

アーヴェイの15(父ディープインパクト)が「エールグリーツ」
ペルレンケッテの15(父ノヴェリスト)が「ペルネッティア」


アーヴェイは母系がすべて「A」始まりの名前なので(ドイツ馬はそういう決まりがあるようだが)、
「A」縛りがあるのかと思ったが、兄弟みるとそんなこともないようだ。

馬名応募は、最初の出資馬(ターファイト)の一度っきり。
センスのある人がかっちょいい名前を考えてくれればいいなあと、いつも丸投げだけど、
2頭ともいい感じに決まってよかった。あとは覚えるだけだ(爆

[PR]
by kyoei-march | 2017-03-09 18:28 | 一口馬主 | Comments(0)

追って伸びず  セントポーリア賞(ソーグリッタリング)

a0332381_23262338.jpg
・ソーグリッタリング 29日(日) 東京9R 3歳500万・セントポーリア賞(芝1800m) 8着(8番人気)


直線に入って、追いだしたときは手応えも十分。
外のキセキよりもいい感じだったので、これは!、と思ったんだが、そこまで。
ラスト1ハロンは完全に脚が止まってしまった。

レースラップのラスト3ハロンは11.4-10.8-11.5の33.7。この馬の上がりも33.7。
位置取りから推測すると、11.0-10.7-12.0、とかだろうか。
輸送、馬体減、休み明けなど、敗因は探れるけど、速い脚が2ハロンぐらいしか使えないのかも。
スピードはありそうなので、そこを生かしつつ、もう少し力をつけないと苦しいか……。

a0332381_23262225.jpg
a0332381_23262383.jpg
a0332381_23262424.jpg
a0332381_23262429.jpg
a0332381_23262211.jpg

[PR]
by kyoei-march | 2017-02-01 23:43 | 一口馬主 | Comments(0)

今年の初戦

a0332381_00185486.jpg
2016.12.3 イルミネーションジャンプステークス(タイセイドリーム) ※本文とは関係ありません


・シーリーヴェール 17日(火) 京都8R 3歳上1000万下(ダ1800m) 10着(8番人気)

今年の愛馬初戦はシーリーヴェール。本来は日曜日のはずが、雪で中止→再投票と、波乱の幕開け。
どうせならそれで穴をあけてくれないかなと思ったが、残念ながら見せ場なし。

ジョッキーコメントでは道中の手応えは悪くなく、追って伸びなかったとのこと。
この辺、前走の内田Jも同じコメントなんで、実際に乗っている人からすればそうなんだろう。

ただ素人目には、どうにも以前にくらべ行きっぷりが悪くなっているように見える。
追走スピードはそれなりにあるけど、追って我慢比べが効かないのがこの馬の特徴だったので、
追走にも手間取るようだと……。もう少しやれてもいいんだがなあ。むずかし。

その他
・アジュールローズ
 NF天栄で順調に乗り込んでいると思いきや、右前脚に外傷を負ったとのこと。
 公式HPではそんなに深刻ではなさそうだが、復帰スケジュールが狂ってしまうかも。
・キャニオンロード
 去勢手術も終わり、脱北を果たし天栄へ。これは春には復帰できるんでは。
・ソーグリッタリング
 セントポーリア賞へ。ここで勝ち負けしてくれれば、春への希望も膨らむんだけどな。
・ラベルヴィ―
 16-17秒ペースからなかなか上がらない。15で乗りだして、天栄に入れて、トレセンへ、
 と考えると新馬戦のあるうちは絶対に無理だな。

[PR]
by kyoei-march | 2017-01-19 00:34 | 一口馬主 | Comments(0)

昨年の愛馬総括

a0332381_14411940.jpg
2016.9.25 ディープインパクト(社台スタリオンステーション)


年をまたいでしまったが、昨年の一口成績のまとめを。

3-2-0-4-3-8(左から1~5着、着外)
獲得賞金4810万円

目標が各馬1勝以上+1勝だったので(5頭=5勝+1勝)、まったく届かなかった。
特に社台/サンデーはソーグリッタリングが未勝利を勝ってくれて、何とか0勝を免れた。
過去で比べると、勝ち鞍・賞金とも11年、13年とほぼ同じぐらいの成績なので、現実的にはこんなもんなんだろう。

うれしい誤算はアジュールローズが春先に連勝してくれて、ダービー出走を果たしてくれたこと。
その後の骨折休養は残念だったけど。

はっきりと期待外れだったのは、やはりキャニオンロード。
昨年暮れに好タイムで未勝利を勝ってくれた時は、クラシック・重賞戦線も夢見たぐらいなので、
まさか500万下を勝つこともできず、玉まで抜かれてしまうとは……。

今年はアジュールも復帰するし、キャニオンも去勢されて出直し。
ソーグリはパワーアップしてエース格に成長してほしいところ。
シーリーヴェールも転厩して好転するはずなので、昨年よりはやれるだろう。
ラベルヴィーも春にはデビューしてくれる、はず?

なので、今年の目標は各馬1勝(2歳馬含め7頭)+1勝+重賞勝ち。と欲張っておこう。

[PR]
by kyoei-march | 2017-01-03 14:57 | 一口馬主 | Comments(0)

転厩初戦は6着

a0332381_23355457.jpg
a0332381_23355528.jpg
a0332381_23355422.jpg
2016.12.24 中山競馬場

・シーリーヴェール 24日 中山8R 3歳上1000万下(ダ1800) 6着(6番人気)

4コーナーでまくっていったときには一瞬期待したが、最後甘くなって差されるのはいつも通り。
公式HPの内田Jのコメントによると、道中手応えがよかったので、早めに進出したとのこと。
ただ、スタートを出た割には好位につけられなかったし、3角手前ではムチが入っていたので、
やはり休み明けの影響はあった気がする。
風が強く、時計もかかっていたので、もう少し軽い馬場の方が向いているとも思う。

次は京都か小倉を目指すとのこと。
優先がないので、どのくらい続けて使えるのかわからないが、前厩舎のように2戦して放牧ということはないだろう。
1000万で勝ち負けとなると、やはり相手や展開なりの助けが欲しい。
それには数をこなしてチャンスを待たないと。

今年はこれにて愛馬の出走はおしまい。あまり納得できる年ではなかったなあ…。
総括は後日。

[PR]
by kyoei-march | 2016-12-27 23:47 | 一口馬主 | Comments(0)

レイデオロ(葉牡丹賞)

a0332381_23245981.jpg
a0332381_23250092.jpg
a0332381_23245891.jpg

2016.12.3 中山9R 葉牡丹賞(2歳500万下 芝2000)


いまさらだけど、先日の葉牡丹賞の写真を。
4角手前で手が動き始め、2着馬(コマノインパルス)の手応えの方がよかったので、
直線一気に差してきたときは驚いた。

展開が向いたのは確かだけど、この勝ちっぷり。
藤沢先生も今年はソウルスターリングといい、期待馬を期待通り走らせているので、レイデオロも主役の一頭かも。
キャロットの勢いは相変わらずすごいねえ。

[PR]
by kyoei-march | 2016-12-15 23:35 | 一口馬主 | Comments(0)

突然の転厩

a0332381_22385541.jpg
16.11.27 東京7R ベゴニア賞(2歳500万下)  サトノアレス


a0332381_22385641.jpg
東京8R シャングリラ賞(3歳上1000万下) ルールソヴァール


a0332381_22385770.jpg
東京9R オリエンタル賞(3歳上1000万下) トーセンマタコイヤ


a0332381_22385518.jpg
東京10R ウェルカムステークス(3歳上1600万下) キャンベルジュニア(2着)



大レース(たぶんダービー、天皇賞秋、JC)の時だけ開放される内馬場の障害コース。
普段と逆で、しかもラスト200辺りから狙うことになるので、勝ち馬を読むのは各段に難しい。
でも、ダートは100-200mmぐらいのレンズでも十分なくらい近いし、なによりすいている。
ちょっと新鮮な気分になれるし、たまにはいいかな~。


さて本題だが、
シーリーヴェールが、藤原英昭厩舎から杉山晴起厩舎に転厩になった。
藤原厩舎は、もともと数を絞って使うタイプで、しかもこの成績では使ってもらえないのは明白なので、
転厩してほしかったし、いずれ転厩することになると思っていたが、突然なのでちょっと驚いた。

杉山厩舎については全く知らないが、成績をみると急な開業にしてはもう3つも勝っているし、多くが人気以上の成績を挙げている。
34歳と若いが、いまどきの若手調教師はみな研究熱心なので期待していいだろう。

ちなみに、杉山厩舎は日吉師が大けがで廃業したことに伴い、10月に開業している。
日吉師は知人の親戚で(=赤の他人)陰ながら応援していたのだが、競馬場で馬に蹴られるという不幸なアクシデントで大けがをし、
復帰を断念している。杉山師にはその分も頑張ってほしい。
(日吉師の怪我についてJRAからは何の発表もなかった。臨場中の事故であり、
ジョッキーの怪我と同じく最低限のアナウンスはあってしかるべきではないか)

[PR]
by kyoei-march | 2016-12-03 23:25 | 一口馬主 | Comments(0)


日々の備忘録。ほとんど競馬のこと。


by ねーはい

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31