ソウルスターリング圧勝 優駿牝馬

a0332381_02444064.jpg
17.5.21 東京11R 優駿牝馬(オークス) 芝2400 ソウルスターリング

今年初のG1臨戦。
炎天下と睡眠不足もあってグロッキー気味だったが、
ルメールが派手なガッツポーズを見せてくれたので、自分の水準ではとても満足する絵が撮れた。

愛馬ソーグリッタリング(一部?でソウルに名前が似ていると話題)も勝ったし、無理して出かけてよかった。
※詳細は後で別記事

a0332381_02443930.jpg
a0332381_02443917.jpg
a0332381_02444033.jpg
a0332381_02444084.jpg
a0332381_02444199.jpg
a0332381_02443808.jpg

[PR]
# by kyoei-march | 2017-05-22 02:58 | 競馬 | Comments(0)

ダービーの主役

a0332381_00110427.jpg
2017.4.29 東京11R 青葉賞(3歳G3 芝2000) アドミラブル

最後方から強引にまくって直線早め先頭で押し切る、強い勝ちっぷり。
アルアインに距離不安があるだけに、この馬が本番も一番人気だろう。

なお、ソーグリッタリングは21日の府中の平場1600m戦を使うようだ。
デムーロを確保してくれたし、ここは必勝と行きたい。

a0332381_00110354.jpg
a0332381_00110474.jpg
a0332381_00110574.jpg
a0332381_00110308.jpg

[PR]
# by kyoei-march | 2017-05-04 00:15 | 競馬 | Comments(0)

ソーグリ ハナ差2着

a0332381_23374077.jpg
・ソーグリッタリング 29日 京都9R あやめ賞(3歳500万下 芝1800) 2着(3番人気)

最内をうまく抜けたと思いきや、最後の最後に差され2着。こういうときの福永(グラットシエル)はうまいんだよな。

内しか伸びない馬場だったので、馬場が向いたのは確かだが、スパッと切れる脚を使えたのは収穫。
逃げ馬が垂れて狭くなったので、あのタイミングで抜け出さざるを得なかった分のハナ差だろう。

公式HPによると1600~1800の3歳限定戦を使いたいとのこと。
特別は20日の早苗賞(新潟)かダービーデーの白藤賞(京都)しか鞍がないので、平場の1600になるのかな?

[PR]
# by kyoei-march | 2017-05-02 23:54 | 一口馬主 | Comments(0)

中山グランドジャンプ

a0332381_04085237.jpg
a0332381_04085192.jpg
2017.4.15 中山グランドジャンプ(JG1) オジュウチョウサン

今更だけど備忘録として中山グランドジャンプの写真。
本来は内馬場に陣取って大竹柵と大生垣を横から狙うのが王道だろうけど、場所取りを嫌ってスタンド側から狙う。
……が、ちょっと遠すぎた。換算840mmトリミングあり(1枚目)でこのくらいなので、最低でも1200mmはいるなあ。

2枚目のあとに目の前の最終障害を跳んでいるんだが、これは逆に近すぎてうまく撮れず。
思い切って引いた図の方が障害の面白さが出るかもしれない。

とはいえ、たすきコースを使うのはGJと大障害、直線障害はGJだけのはずなので、習熟しきれない。
来年まで注意点を覚えていられるか……

[PR]
# by kyoei-march | 2017-04-28 04:26 | 競馬 | Comments(0)

アジュールローズ復帰

a0332381_02192982.jpg
2017.4.15 中山競馬場(写真と本文は関係ありません)

・アジュールローズ  16日(日) 福島11R 福島民報杯(4歳上オープン 芝2000) 8着(4番人気)

やっと帰ってきた。
昨年のダービー以来なので、10か月半ぶりか。
+18キロと流石に太く、レースも内内を回ってジリジリ伸びただけなので、内容云々は次だろう。

レース後は競馬場から直接天栄に放牧となった。
降級を待って1000万下から出直しということだろう。
6月の東京で走ってくれるといいな。

[PR]
# by kyoei-march | 2017-04-18 02:27 | 一口馬主 | Comments(0)


日々の備忘録。ほとんど競馬のこと。


by ねーはい

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31